· 

幸せホルモン

難しいことは置いといて、幸せだと思うと出てくるホルモンは、たくさん出ていると

体の緊張もほぐれ血流もよくなり体の働きにも良い影響を与えてくれます。

逆に不幸だなと思っているときは、そのホルモンが不足しているので、体も緊張しやすくて

あちこちが酸欠になったりして血流も悪くなります。

不幸だなと思ったら、とりあえず、暖かくして柔らかいものにくるまれて眠ってください。

そして、充電出来たら、ゆっくり自然がいっぱいのところに行ってお散歩してみてください。

気持ちよい素材・気持ちよい自然はあなたを包んでくれますよ。

気持ちよいと思ったら、幸せホルモンが分泌されています。

幸せホルモンを出すように生活してくださいね。

petit(プチ)では、コロナ感染症対策として、

空気清浄機を導入しました。

安心してご来店ください。

 

コロナ感染症対策:非接触体温計

         消毒液

         空気清浄機

         アクリル板